コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田如童 やまだ にょどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田如童 やまだ-にょどう

?-? 江戸時代後期の尺八奏者。
宮地一閑門下の池田一枝に一閑流をまなぶ。下総(しもうさ)一月(いちげつ)寺(千葉県),武蔵(むさし)鈴法寺(東京都)の尺八指南をつとめ,文政-天保(てんぽう)(1818-44)のころ活躍。3代黒沢琴古没後に琴古を名のり,宗家名跡をめぐって久松風陽とあらそった。次男の清兵衛が2代如童をついだ。名は弁蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山田如童の関連キーワード豊田古童(1世)荒木古童豊田古童琴古流

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android