宗家(読み)ソウカ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宗家
そうけ

伝統的な芸能、とくに能、歌舞伎(かぶき)、邦楽、邦舞などの舞台芸能の世界において、ある流派のうちで、もっとも由緒正しく権威と格式をもっている家をさしていう称号、あるいは敬称。能の観世(かんぜ)宗家、歌舞伎の市川宗家のように用いられる。茶道、花道、香道などの生活芸能や、古い伝統を伝える職人芸の分野では、家元はあっても宗家の称はない。近世の、それも比較的新しい時代に、家元という称をもてなかった舞台芸能の分野で、それにあたるものとして生まれた用語と考えられるが、詳細は不明。現代では、伝統芸能界の複雑な人間関係を処理する便法の一つとして、家元と宗家を分けてもっている分野が目だつ。[服部幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宗家の言及

【朝鮮】より

…門中は,墓祭を行うための資金を確保し,また高名な祖先の遺した文物があればそれを保存するために,共有の財産(位土と呼ばれる田畑,墓地を置く山林,集会を開くための祭閣など)をもち,有司や門長などの役員をおいて事務を処理する。門中の始祖から代々その後継ぎとなってきた家(長男の系統)を宗家(チョンガchongga),その当主を宗孫(チョンソンchongson)と呼ぶが,これは門中の象徴的中心である。
[本貫,族譜,門中]
 出自(同一の祖先の子孫であること)を示すのが姓と本貫である。…

※「宗家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

宗家の関連情報