コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久松風陽 ひさまつ ふうよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久松風陽 ひさまつ-ふうよう

1791?-1871? 江戸時代後期の尺八奏者。
寛政3年?生まれ。幕府直参。琴古流3代黒沢琴古にまなぶ。師の没後,4代琴古の後見的役割をはたす。門下豊田古童,初代荒木古童,吉田一調らがいる。明治4年?死去。本名は雅五郎,謙蔵。雅号は竹陰風陽。著作に「独言」「独問答」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

久松風陽

没年:明治4?(1871)
生年:寛政3?(1791)
江戸後期・明治期の琴古流尺八奏者。本名は雅五郎,のちに謙蔵と称する。雅号は竹陰風陽。また菅原忠晴(菅定晴)とも名乗る。3代目黒沢琴古の高弟。4代目琴古の後見として,幕府直参ながら家元的存在となり,多くの優れた門人を輩出したことから琴古流中興の祖とも呼ばれる。門下には豊田古童,2代目荒木古童,吉田一調らがおり,尺八の本道を説く風陽独自の芸風は,その著述『独言』(1818),『独問答』(1823),『海静法語』(1838)などからも垣間見ることができる。<参考文献>栗原広太『尺八史考』(復刻,1975)

(瀬山徹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の久松風陽の言及

【吉田一調】より

…旗本の家に生まれ,少年期から尺八を好み,15歳で普化宗両本寺(一月寺,鈴法寺)の吹合(ふきあわせ)(尺八指南役)の正田梅月に入門。18歳からは当時の琴古流の代表的存在だった久松風陽(1791?‐1871?)に師事して腕を上げ,のち両本寺の吹合になり,〈東武尺八長者〉と呼ばれる名手となった。師の風陽は琴古流の後事を一調と弟弟子の2世荒木古童の両名に託して没したといわれるが,1871年(明治4)普化宗が廃止され,併せて尺八吹奏も禁止されかねない状況にいたる。…

※「久松風陽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

久松風陽の関連キーワード荒木 古童(初代)黒沢琴古(3代)黒沢琴古(4代)荒木古童(初代)荒木古童(2世)豊田古童(1世)荒木古童(2代)山田如童

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android