コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山科なす

1件 の用語解説(山科なすの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

山科なす

京都府京都市で生産されるナス。古くから山科地区を中心に生産されてきたナスで、小型の「もぎなす」を改良した種と考えられている。果皮は薄く、色はつややかな濃紫黒色で、肉質はやわらかい。京都府により「京の伝統野菜」に認定されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山科なすの関連キーワード花菜鶯菜折戸なす桂うり賀茂なす絹なす越の丸なす関口なすぼてナスもぎなす

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山科なすの関連情報