コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山科なす

デジタル大辞泉プラスの解説

山科なす

京都府京都市で生産されるナス古くから山科地区を中心に生産されてきたナスで、小型の「もぎなす」を改良した種と考えられている。果皮は薄く、色はつややかな濃紫黒色で、肉質はやわらかい。京都府により「京の伝統野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

山科なすの関連キーワード京都府京都市

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android