コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山茶碗 やまぢゃわん

世界大百科事典 第2版の解説

やまぢゃわん【山茶碗】

愛知県地方において俗に行基焼あるいは藤四郎焼と呼ばれている硬質・無釉の碗,皿類で,高台端に籾殻痕があるため,一部の地域ではもみがら焼とも呼んでいる。山茶碗の名称は山中の古窯跡に廃棄された碗,皿類の不良品が数多く散在しているところから出たものと思われる。《延喜式》にみえる山坏,小坏を指すとみる場合には,白瓷(灰釉陶器)碗・小碗のセットに当たるが,通常,白瓷碗類が11世紀末葉に無釉の民間雑器に転化した白瓷系陶器のことを指している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の山茶碗の言及

【猿投窯】より

…この施釉技法は平安中期には東海地方一円から近江にまで拡散したが,平安後期には岐阜県東濃地方にその中心的な地位を譲った。平安末期には日宋貿易に伴う中国陶磁の大量輸入に対抗できず,灰釉技法を棄てて,山茶碗(やまぢやわん)と呼ばれる無釉の農民向けの雑器生産に転換したが,やがて鎌倉後期には猿投窯の分枝である瀬戸・常滑両窯の隆盛の前に廃絶を余儀なくされた。瀬戸焼【楢崎 彰一】。…

※「山茶碗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

山茶碗の関連キーワード伊良湖東大寺瓦窯跡猿投山古窯跡群大アラコ古窯跡猿投山古窯址群百々陶器窯跡本多 静雄常滑古窯址渥美焼猿投窯美濃焼窯址

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android