コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山茶碗 やまぢゃわん

1件 の用語解説(山茶碗の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やまぢゃわん【山茶碗】

愛知県地方において俗に行基焼あるいは藤四郎焼と呼ばれている硬質・無釉の碗,皿類で,高台端に籾殻痕があるため,一部の地域ではもみがら焼とも呼んでいる。山茶碗の名称は山中の古窯跡に廃棄された碗,皿類の不良品が数多く散在しているところから出たものと思われる。《延喜式》にみえる山坏,小坏を指すとみる場合には,白瓷(灰釉陶器)碗・小碗のセットに当たるが,通常,白瓷碗類が11世紀末葉に無釉の民間雑器に転化した白瓷系陶器のことを指している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の山茶碗の言及

【猿投窯】より

…この施釉技法は平安中期には東海地方一円から近江にまで拡散したが,平安後期には岐阜県東濃地方にその中心的な地位を譲った。平安末期には日宋貿易に伴う中国陶磁の大量輸入に対抗できず,灰釉技法を棄てて,山茶碗(やまぢやわん)と呼ばれる無釉の農民向けの雑器生産に転換したが,やがて鎌倉後期には猿投窯の分枝である瀬戸・常滑両窯の隆盛の前に廃絶を余儀なくされた。瀬戸焼【楢崎 彰一】。…

※「山茶碗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山茶碗の関連キーワード行基焼愛知県立大学回転角同格吉光アジアマネー焼アンモニウムミョウバン隠密介入高志才智ダイアルアップ認証

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山茶碗の関連情報