山中(読み)やまなか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山中
やまなか

石川県南西部,加賀市東・南部を占める旧町域。大日山の北西斜面にあり,南は福井県に接する。1913年町制。1955年河南村,西谷村,東谷奥村の 3村と合体。2005年加賀市と合体。地名は古来の村名で,山に囲まれていることに由来する。大日山に源を発する大聖寺川,動橋川(いぶりはしがわ)が貫流。中心地は大聖寺川の中流域にあり,山中温泉の温泉街として発達。山中塗は安土桃山時代に始められたが,1950年代半ばにはプラスチック素地が用いられるようになり,漆器工業団地が造成されて,国の内外に出荷されている。広大な山林資源があり,素材,木炭を生産,シイタケの栽培が行なわれている。大聖寺川上流には,多目的の我谷ダムや古九谷の発祥地九谷があり,大日山一帯を含め山中・大日山県立自然公園に指定されている。栢野(かやの)の大スギ,八幡神社の大スギは国指定天然記念物,九谷磁器窯跡(→古九谷古窯址)は国指定史跡。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐ちゅう【山中】

山の中。山間。やまあい。

やま‐なか【山中】

山の中。山間。さんちゅう

やまなか【山中】[地名]

石川県加賀市の地名。旧町名。大聖寺川の上流域を占め、古来名湯とされる山中温泉がある。山中塗九谷焼の産地。→加賀

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんちゅう【山中】

やまなか【山中】

山の中。山間。さんちゅう。

やまなか【山中】

石川県南部、加賀市の地名。大聖寺川中流の黒谷川渓谷に位置する。北陸屈指の山中温泉がある。

やまなか【山中】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕山中(さんちゅう)


奈良県北部、奈良盆地をとり囲む山地一帯の名称。盆地平坦(へいたん)部をさす国中(くんなか)に対する。東(ひがし)山中・宇陀(うだ)山中などの部分名称がある。早くから政治の中心として開けた国中に対し、林業畑作が中心の辺境をなす。

〔群馬県〕山中(さんちゅう)


群馬県南西部、利根(とね)川の支流神流(かんな)川上流域の地域名。鬼石(おにし)から上流の山地をさす。唯一の通路である十国峠(じっこくとうげ)街道には断崖(だんがい)・難所が多く、長く外界と隔てられていたため、固有の民俗・習慣が残る。近年国道299号の整備が進み、隔絶性は薄れた。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山中
やまなか

石川県南部、江沼(えぬま)郡にあった旧町名(山中町(まち))。現在は加賀(かが)市南部を占める地域。旧山中町は1913年(大正2)町制施行。1955年(昭和30)河南(かわみなみ)、西谷(にしたに)、東谷奥(ひがしたにおく)の3村と合併。2005年(平成17)加賀市に合併。国道364号が通じる。大日山(だいにちざん)の北西麓(ろく)、大聖寺(だいしょうじ)川、動橋(いぶりばし)川源流部の山地にあり、福井県に接する。温泉と漆器の町で、山中温泉は行基(ぎょうき)が発見して薬師如来(にょらい)を祀(まつ)ったと伝え、近世には湯元12軒があり湯治場として栄えた。大聖寺川上流の九谷(くたに)の九谷焼、真砂(まなご)の挽物(ひきもの)は浴客の土産(みやげ)物となった。九谷焼、山中漆器はこの伝統を継ぐ。1997年(平成9)には県立山中漆器産業技術センターができた。1897年(明治30)北陸本線が開通、鉄道馬車が大聖寺駅から温泉まで通じて浴客が増加した。1931年(昭和6)大火で温泉街は焼失、1939年鶴仙渓(かくせんけい)沿いに再建された。上原(うわばら)漆器団地があり、山間地では木材生産やシイタケ栽培が行われるが、過疎化も著しい。栢野(かやの)の大スギ、八幡(はちまん)神社の大スギは樹齢2000年以上といい国指定天然記念物。九谷磁器窯跡は国指定史跡。[矢ヶ崎孝雄]
『『山中町史』(1959・山中町) ▽『山中町史 現代編』(1995・山中町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山中の関連情報