コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿投窯 さなげよう

百科事典マイペディアの解説

猿投窯【さなげよう】

愛知県北部,猿投山の南西麓の傾斜面に分布する古窯跡群で,1000以上の窯跡が発見されている。古墳時代〜室町時代ごろまで須恵器,瓷器(しき),山茶碗などを生産,平安期には緑釉(りょくゆう),灰釉を使用したり,花鳥文を陰刻した優品を焼いている。
→関連項目豊田[市]藤岡[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さなげよう【猿投窯】

愛知県の名古屋市東部から愛知郡日進町,東郷町,西加茂郡三好町を経て,豊田市にいたる20km四方の丘陵地帯には,古墳時代から鎌倉時代にかけての古窯跡が1000基以上知られている。この古窯跡群は猿投山南西麓の低丘陵地帯に群在するところから猿投窯と呼ばれている。奈良・平安時代には日本最大の生産規模にたっしたばかりでなく,日本で初めて高火度焼成の灰釉陶器を生み出したことでよく知られている。猿投窯は5世紀中葉代に東山地区(名古屋市千種区東部)において須恵器生産を開始したが,その技術系譜のうえから大阪府の陶邑(すえむら)窯とは異なる南朝鮮の渡来工人の手になるものと考えられる(陶邑古窯址群)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

猿投窯
さなげよう

平安時代を代表する名窯。第二次世界大戦後、発掘調査され、それまで明らかでなかった奈良・平安時代の陶器について新しい知見をもたらした。窯址(ようし)は愛知県豊田(とよた)市の猿投山南西麓(ろく)に広く分布し、名古屋市、日進市、東郷町、みよし市、豊明(とよあけ)市、刈谷(かりや)市、長久手(ながくて)市に及んでいる。この地域はすでに古墳時代に須恵器(すえき)を焼いており、奈良時代には河内(かわち)(大阪府)の陶邑(すえむら)窯と対抗する有力窯に成長した。平安前期(9世紀)には灰白色の良質粘土を成形して人為的に灰釉(かいゆう)を器面に施す灰釉陶を完成させて一躍天下第一の窯の栄誉を担った。奈良時代以来の器形に加え、当時中国から輸入された上質の青磁・白磁を模倣して製品は多種多様となり、宮中の用にも供された。この窯は12世紀には衰微して、中世の常滑(とこなめ)窯、渥美(あつみ)窯、瀬戸窯に分派した。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

猿投窯の関連キーワード東郷(町)藤岡[町]日進(市)奈良時代常滑焼美濃焼古瀬戸瀬戸焼

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猿投窯の関連情報