コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山路商 やまじ しょう

1件 の用語解説(山路商の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山路商 やまじ-しょう

1903-1944 大正-昭和時代前期の洋画家。
明治36年12月9日生まれ。広島市に移住後,全関西展,二科展に出品。昭和11年田中万吉,福井芳郎らと二紀会を,13年坂本寿,灰谷正夫らと広島フォルム美術協会を設立した。昭和19年6月26日死去。42歳。新潟県出身。作品に「眠れる男」「松」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山路商の関連キーワードもの派沖縄戦カリブ文学直木賞北欧演劇プラット修正ロシア映画神崎武雄サンホセ信州大学

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山路商の関連情報