岑春煊(読み)しんしゅんけん(英語表記)Cén Chūn xuān

世界大百科事典 第2版の解説

しんしゅんけん【岑春煊 Cén Chūn xuān】

1861‐1933
中国の政治家。広西省西林の人,字は雲階。大官岑毓英の子。義和団事件のとき,西安蒙塵に随行して西太后の眼にとまり,出世したが,袁世凱とはライバルだった。辛亥革命後,その関係からつねに反袁派にかつがれ,西南軍閥の文人の代表,政学系の総帥の地位に立った。1917年,護法運動に参加し,翌年,軍政府の主席総裁にもなった。20年以後,上海に隠退した。【狭間 直樹】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の岑春煊の言及

【広東政府】より

…しかし軍閥派が軍政府を総裁制に改組したため,孫文はそれに反対して1918年5月に大元帥を辞職,やがて広州を去った。主席総裁は岑春煊(しんしゆんけん),孫文も七総裁の一人に選ばれている。 安直戦争の結果,段祺瑞の政権が崩壊すると,20年10月,岑春煊らは軍政府解消を宣言した。…

※「岑春煊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android