岡崎 雪声(読み)オカザキ セッセイ

20世紀日本人名事典の解説

岡崎 雪声
オカザキ セッセイ

明治期の鋳金家



生年
安政1年11月(1855年)

没年
大正10(1921)年4月16日

出生地
山城国伏見町(京都府京都市)

経歴
父の定甫に釜師の技を学ぶ。明治8年上京し鈴木政美に就いて蠟型鋳造法を学び、12年谷中清水町に工場を自営。分解鋳造法による大型鋳造が得意で銅像、建築装飾などを手がけた。作品に「青銅鐘」「西郷隆盛像」「楠木正成像」「明治大帝御像」「昭憲皇太后御像」「田村麿像」など。京都の秦蔵六香取秀真とともに近世鋳金界の三名家といわれる。晩年は東京美術学校教授を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる