コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建築装飾 けんちくそうしょく

1件 の用語解説(建築装飾の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けんちくそうしょく【建築装飾】

建築に加えられる装飾。何をもって建築の装飾要素とするかはあいまいであるが,一般には間取り,構造体の実用的機能に関係しない建築表現,すなわち細部のモールディング(刳形(くりがた))や彩色などを意味する。具体的にそれらの現れる部位は,屋根の棟(むね)飾り,軒飾り,腕木や軒組物や軒裏の飾り,柱頭,壁面装飾,手すりや飾格子,天井飾り,把手(とつて)や蝶番(ちようつがい∥ちようばん)などの飾金物,建具の飾り,窓飾り,モザイクや寄木などの床装飾等々,建築のあらゆる部分に及ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

建築装飾の関連情報