コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香取秀真 かとり ほつま

美術人名辞典の解説

香取秀真

鋳金家・歌人俳人。千葉県生。初め鋳金大島如雲に、東美校では岡崎雪声に学ぶ。金工史家としても優れる。また正岡子規根岸短歌会に参加し、アララギ派の歌人として『秀真歌集』等の歌集をのこした。帝国美術院会員・帝室技芸員芸術院会員。文化勲章受章。昭和29年(1954)歿、80才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かとり‐ほつま【香取秀真】

[1874~1954]鋳金家・歌人。千葉の生まれ。本名、秀治郎。古典的な格調に時代感覚を備えた作品を制作。古代鋳金の研究を進め、「日本金工史」などを著した。子規門下の歌人としても知られ、歌集「天之真榊」がある。文化勲章受章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

香取秀真【かとりほつま】

金工家。本名秀次郎。千葉県生れ。東京美術学校卒。母校の教授,芸術院会員等を歴任,工芸界の重鎮となる。金工史家としても第一人者で,《日本金工史》《茶の湯釜》等著書も多く,アララギ派歌人としても有名。
→関連項目根岸短歌会

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

香取秀真 かとり-ほつま

1874-1954 明治-昭和時代の鋳金家,歌人。
明治7年1月1日生まれ。大島如雲,岡崎雪声にまなぶ。昭和8年母校東京美術学校(現東京芸大)の教授となる。東京鋳金会,帝展工芸部を創設。12年芸術院会員。28年文化勲章。アララギ派の歌人としても知られる。昭和29年1月31日死去。80歳。千葉県出身。本名は秀治郎。別号六斎,梅花亭。著作に「日本金工史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かとりほつま【香取秀真】

1874‐1954(明治7‐昭和29)
鋳金工芸家,歌人。本名秀治郎。千葉県出身。1897年東京美術学校鋳金科を卒業。大島如雲,岡崎雪声に学んだ。1900年パリ大博覧会に出品,銀賞牌を受ける。08年同志と鋳金会を創立。帝室技芸員,芸術院会員を歴任し,38年東京美術学校教授。53年文化勲章受章。日本,中国の古典的工芸をきわめ,かつ時代感覚の表出につとめ,近代鋳金界の第一人者となる。金工史家としても,《日本金工史》《金工史談》などのすぐれた著作があり,またアララギ派の歌人としても有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かとりほずま【香取秀真】

1874~1954) 金工家。千葉県生まれ。本名、秀治郎。東京美校教授。鋳金を専門とし、伝統的な題材を近代的感覚で格調高く表現。アララギ派の歌人としても知られる。著「日本金工史」、歌集「天之真榊」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

香取秀真
かとりほつま

[生]1874.1.1. 千葉
[没]1954.1.31. 東京
鋳金家,歌人。本名,秀治郎。 1897年東京美術学校鋳金科卒業。同校研究科で鋳金技術を研究,1903年から母校で鋳金史を教えた。 29年帝国美術院会員,34年帝室技芸員。香炉茶釜など,重厚な伝統的技術に鋭い近代的感覚を盛込んだ格調高い作品がある。東京鋳金会を設立 (1908) ,日本の新しい金工芸術の発展に尽し,国宝保存会委員もつとめた。根岸短歌会創立以来のアララギ派の歌人でもある。主著『日本鋳工史稿』『日本金工史』,歌集『還暦以後』『ふいご祭』など。 53年文化勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の香取秀真の言及

【根岸短歌会】より

…和歌の革新にのり出した正岡子規を中心に東京上根岸の子規庵で始められた歌会。1899年(明治32)3月14日に香取秀真(かとりほずま),岡麓(ふもと)らが集まったのを第1回とし,以後回を重ねるごとに活発となり,伊藤左千夫,長塚節らが参加した1900年には最盛期を迎えた。詠草は新聞《日本》に発表され,ときには《心の花》などの諸雑誌にも及んだ。…

※「香取秀真」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

香取秀真の関連キーワードMETAL ART MUSEUM HIKARINOTANI香取秀真(かとりほずま)魚住 為楽(1代目)馬酔木(短歌雑誌)堀山城(初代)千葉県立美術館佐々木 宗彦佐々木宗彦内藤 春治角谷 一圭岡崎 雪声唐物久兵衛根来 実三西村道仁宮崎寒雉大西浄清昭和時代大西定林根来実三角谷一圭

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android