コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡崎文次 おかざき ぶんじ

1件 の用語解説(岡崎文次の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡崎文次 おかざき-ぶんじ

1914-1998 昭和-平成時代のカメラ・電子技術者。
大正3年7月7日生まれ。昭和14年富士写真フイルムに入社。カメラレンズ設計のために真空管式コンピューターの開発にとりくみ,31年日本最初のコンピューター「FUJIC」を完成させた。のち日本電気勤務をへて,47-60年専修大教授。平成10年7月23日死去。84歳。愛知県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の岡崎文次の言及

【コンピューター産業】より

…前者によるコンピューターに57年開発の武蔵野I号,後者に56年開発のETL・マークIII,57年完成のETL・マークIVがある。また,すでに技術の確立していた真空管を回路素子に使ったコンピューターに,富士写真フイルムの岡崎文次が56年に完成したFUJICがある。これは日本最初の実用機で,記憶装置に水銀の遅延回路を使い,二極管500本,その他の真空管1200本で回路が構成された。…

※「岡崎文次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岡崎文次の関連キーワード亀井孝すくのかめ岩合徳光尾形喜代治亀井節夫亀井秀雄亀井宏亀谷了楠田浩之山田信夫(2)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone