岡本定八(初代)(読み)おかもと じょうはち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本定八(初代) おかもと-じょうはち

?-? 江戸時代中期-後期の陶工。
伊賀(いが)焼の陶工久兵衛の弟。明和年間(1764-72)に独立し,青瑠璃釉(ゆう)を特色とした作品を製作した。定八は以後,伊賀(三重県)藤堂家の御用窯となり,6代をかぞえた。銘は「伊賀国」「丸柱制」の二つで,拝領印とよばれた。伊賀出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android