岡沢安度(読み)おかざわやすのり

精選版 日本国語大辞典の解説

おかざわ‐やすのり【岡沢安度】

江戸中期の浮世絵師懐月堂派の祖。江戸の人。主として一人立美人の図を肉筆で描いた。正徳四年(一七一四)江島事件に連座して伊豆大島に流された。生没年不詳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android