コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懐月堂派 カイゲツドウハ

デジタル大辞泉の解説

かいげつどう‐は〔クワイゲツダウ‐〕【懐月堂派】

江戸中期の浮世絵の一派。懐月堂安度(あんど)を祖とし、肉筆遊女絵に新機軸を出した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の懐月堂派の言及

【浮世絵】より

…〈菱川様(よう)の吾妻俤(おもかげ)〉(《虚栗》)とうたわれる独自の人物画(美人画)様式を確立,版画のみならず肉筆画の量産にも力を尽くして,平民的な絵画を江戸の地に普及し,発展させた。師宣の没後は菱川派の勢力が急激に衰え,元禄末年から享保初年にかけて(18世紀初期)は鳥居派と懐月堂派が主力となって活躍した。鳥居派の初代清信と2代清倍は,丹絵期の版画を場として役者絵と美人画(このころ〈嬋娟(せんけん)画〉といった)の両分野に勇壮あるいは優麗な人物像を描いた。…

【懐月堂安度】より

…江戸時代中期の浮世絵師。懐月堂派の祖。生没年不詳。…

※「懐月堂派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

懐月堂派の関連キーワード懐月堂安度菱川師宣西川照信丹絵

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android