コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江島事件 えしまじけん

百科事典マイペディアの解説

江島事件【えしまじけん】

1714年大奥で起こった風紀紊乱(びんらん)事件。将軍徳川家継の生母月光院に仕えていた奥女中江島(絵島)〔1681-1741〕らが木挽(こびき)町山村座で遊興していたことが発覚,江島は信州高遠(たかとお)藩内藤清枚(きよかず)に預けられ,山村長太夫・歌舞伎俳優生島新五郎〔1671-1742〕も遠島となった。
→関連項目懐月堂安度

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えじまじけん【江島事件】

1714年(正徳4)に江戸城大奥で起こった風紀紊乱(びんらん)事件。将軍徳川家継の生母月光院に仕えていた江島(絵島とも書く),宮路らが正月12日寛永寺,増上寺へ代参の帰途,木挽町の山村長太夫座に立ち寄り,桟敷および座元の居宅で遊興して帰城したことが発覚し,評定所で審理の結果,江島は永遠島と決まったが,月光院の願いで信濃伊那高遠城主(3万3000石)内藤清枚(きよかず)に預けられ高遠へ配流された。この事件に連座して江島の兄弟や関係者は死罪や遠島,重追放などになり,遊興の相手の山村長太夫,生島新五郎らも遠島となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

江島事件の関連キーワード江島生島物江島生島

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android