コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肉筆 ニクヒツ

デジタル大辞泉の解説

にく‐ひつ【肉筆】

印刷・複製などでなく、本人が実際に手で書くこと。また、そのもの。「肉筆の手紙」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にくひつ【肉筆】

印刷や複製ではなく、本人自身が書くこと。また、その書画や筆跡。 「 -のサイン」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

肉筆の関連キーワード歌川国久(初代)鳥居清春(初代)柳文朝(2代)太田記念美術館オートグラフ書き絵・書絵懐月堂安度礒田湖竜斎東燕斎寛志肉筆浮世絵懐月堂度種喜多川歌麿長谷川永春三畠上竜石川昔信菱川師喜小林清親宮川一笑歌川国照歌川豊広

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肉筆の関連情報