岡田 捷五郎(読み)オカダ ショウゴロウ

20世紀日本人名事典の解説

岡田 捷五郎
オカダ ショウゴロウ

大正・昭和期の建築家 東京芸術大学名誉教授。



生年
明治27(1894)年11月24日

没年
昭和51(1976)年10月2日

出生地
東京市牛込区東五軒町

学歴〔年〕
東京美術学校(現・東京芸術大学)図案科第2部(建築科)〔大正9年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲三等瑞宝章〔昭和40年〕

経歴
大正9年滝川工務店に入るが、同年から11年まで赤羽工兵第一大隊に服務。除隊後、兄信一郎の建築設計事務所で設計を手掛け、13〜15年欧米の建築を視察。帰国後も岡田信一郎事務所で設計監理に従事し、昭和7年兄の死後はあとを受けて建築設計事務所を経営。一方、2年から東京美術学校建築科講師となり、18年同校教授に就任。東京芸術大学教授、37年名誉教授となった。のち南建設相談役、信建築事務所顧問、日本建築士会理事長などを務めた。主な作品に琵琶湖ホテル、日本出版クラブ、旺文社本館など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android