視察(読み)しさつ

精選版 日本国語大辞典「視察」の解説

し‐さつ【視察】

〘名〙
① ありのままの状態を注意深く見きわめること。
※足利本論語抄(16C)学而第一「我れ平生戒慎て毎日に三たび自我が身に過失有りや否と視察する也」
② 実際にその場に出かけて行って状況を見きわめること。
※万国新聞‐一七集(1869)明治二年四月下旬「魯仏両国地理形勢視察の為被参候由なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「視察」の解説

し‐さつ【視察】

[名](スル)現地・現場に行き、その実際のようすを見極めること。「災害の状況を視察する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android