コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視察 シサツ

デジタル大辞泉の解説

し‐さつ【視察】

[名](スル)現地・現場に行き、その実際のようすを見極めること。「災害の状況を視察する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

視察

海外視察は、県議選の年を除いて年1回。2012年は17人、米スリーマイル島を訪れた13年は16人の県議が参加した。県議会事務局によると、委員会による県内外への視察も年2、3回ある。1人あたりの費用は毎回、県外約10万円、県内約4万円が目安。いずれも県議会の予算に計上されている。これとは別に、県議1人あたり月額30万円で計算した政務活動費会派に交付される。

(2015-10-24 朝日新聞 朝刊 福島中会・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

大辞林 第三版の解説

しさつ【視察】

( 名 ) スル
実情を知るために実地を見ること。 「民情-」 「水害地を-する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

視察の関連キーワード海外移住・海外永住視察プログラム解散決議前の行政視察インスペクションハラール認証火事場見廻巡狩・巡守中山 栄一国情・国状川上操六別仕立て観戦武官大谷光暢五代友厚忍び目付藤原種継視学官従える安撫使国目付実検使

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

視察の関連情報