設計監理(読み)セッケイカンリ

リフォーム用語集の解説

設計監理

工事中に施工業者が図面通りの仕事をしているか、手抜き工事はないか等、工事監理を行うこと。敷地・建物の情報収集、基本プラン検討、詳細な検討および設計図作成、施工業者見積の調整、施工業者との打ち合わせ、各工程の確認、完成引渡しの立会い(必要な場合は関係官庁への申請業務)の一連の業務となる。基本的に施主の弁護士的な立場である設計事務所が工事監理を行い、違反建築や手抜き工事を防止する。設計と施工が同じ業者の場合、施主が自身で行う必要がある。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

設計監理の関連情報