コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩城理蔵 いわき りぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩城理蔵 いわき-りぞう

1880-1955 明治-昭和時代前期の実業家。
明治13年12月生まれ。札幌で洋式農機具の製造技術をまなび,明治40年独立。炭素焼きによるかたい鉄鋼をつかったプラウを開発する。大正7年北海道博覧会で金牌をとり,海外にも販売した。昭和30年12月死去。75歳。富山県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岩城理蔵の関連キーワード実業家明治

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android