徒弟(読み)トテイ

大辞林 第三版の解説

とてい【徒弟】

商工業者の家に年季奉公する者。丁稚でつち。小僧。
芸道などの門人・弟子。門弟。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

と‐てい【徒弟】

〘名〙
① 弟子。門人。
※三国伝記(1407‐46頃か)一「周の敬王の世に閔子騫と云者あり、孔子の徒弟也」
※読本・雨月物語(1776)青頭巾「又活てあるときは我ために一個(ひとり)の徒弟(トテイ)なり」 〔釈氏要覧‐師資篇〕
② 幼年から親方の家に住みこんで、職業に必要な知識・技能を習得する年季奉公の少年。丁稚(でっち)。小僧。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「少年の時は倫敦の裁縫匠の徒弟なりしなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の徒弟の言及

【ギルド】より

…それがツンフト闘争とよばれる運動である。この頃ギルド内でも親方Meister,職人Geselle,徒弟Lehrlingの階層(徒弟制度)が生まれ,技術水準の維持が計られると同時に職人も兄弟団を結成し,親方に対抗する姿勢をとり始めた。この兄弟団はやがて職人組合Gesellenverbandへと発展してゆくことになる。…

【工房】より

…なんらかの手工業の職に就こうとする者は,親方のもとでギルドの定める一定期間の修業を済ませて職人となる。さらにギルドからその資格にふさわしい力量を認められれば,親方となって自分の工房を開くことができた(徒弟制度)。 古代・中世においては,美術品制作の手工業的側面が強調されたため,芸術家と一般の職人の間に原理的な区別はなく,中世においては絵画や彫刻の制作は工房制度に組み込まれていた。…

【職人】より

…一般に,自分の手先の技術により物を生産することを職業とする人をいい,その技術は,独自の徒弟制度により伝習されてきた。だが中世の日本では,在庁官人や芸能民なども広く職人と呼ばれていた。…

【徒弟制度】より

…手工業ギルドを中心に同職組合が形成された14世紀ころ,それと結合しつつ確立した。親方master(ドイツではマイスターと呼ばれる),職人journeyman,徒弟apprenticeという身分的な階層制度を形成する。親方は契約によって徒弟を雇い,衣食住を保証するが賃金は支払わず若干のこづかい銭を与える。…

※「徒弟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徒弟の関連情報