コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩屋城 いわやじょう

1件 の用語解説(岩屋城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

いわやじょう【岩屋城】

福岡県太宰府(だざいふ)市浦城にあった山城(やまじろ)。築城は、天文年間(1532~54年)に大友氏の武将・高橋鑑種(あきたね)と伝えられ、立花山城とともに大友家による筑前支配の拠点であった。戦国時代末期の1586年(天正14)、大友軍の高橋紹運(じょううん)以下763人の籠城兵が島津忠長率いる島津軍3万5000と半月間互角に戦い(岩屋城の戦い)、壮絶な討ち死にをした場所として知られている。大宰府天満宮のすぐ背後にある四王寺山(しおうじやま)の南に位置し、多数の曲輪(くるわ)や竪堀、堀切、畝状空堀群などが残り、山頂には古代山城(さんじょう)として有名な大野城址もある。西鉄太宰府線太宰府駅から徒歩50分。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩屋城の関連キーワード太宰府市太宰府天満宮筑紫女学園大学九州情報大学福岡医療福祉大学大宰府・太宰府太宰府宰府だざいふえんだざいふ遊園地

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone