コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋紹運 たかはし じょううん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋紹運 たかはし-じょううん

1548-1586 織豊時代の武将。
天文(てんぶん)17年生まれ。吉弘鑑理(よしひろ-あきただ)の次男。大友宗麟(そうりん)に追放された高橋鑑種(あきたね)の跡をついで筑前(ちくぜん)(福岡県)宝満・岩屋の城主となる。島津義久岩屋城を攻められ,天正(てんしょう)14年7月27日自害した。39歳。名は鎮種。通称は孫七郎,主膳正。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高橋紹運

没年:天正14.7.27(1586.9.10)
生年:生年不詳
戦国時代の武将。紹運は法名で,実名は鎮種。三河守。大友氏の家臣吉弘鑑理の子。高橋鑑種が筑前(福岡県)を追放されたのちの元亀1(1570)年5月高橋氏を継ぎ,筑前岩屋城・宝満城(太宰府市)の城督となる。天正6(1578)年の耳川の戦後,肥前(佐賀県,長崎県)竜造寺氏や,秋月氏など筑前の国衆が大友氏に反旗を翻すと,立花城(福岡県新宮町)城督戸次鑑連と共に大友氏に敵対する勢力と戦った。同14年島津氏が筑前に進出し,岩屋・宝満両城を包囲。7月27日早朝岩屋城に総攻撃を受け,城衆と共に壮烈な最期を遂げた。

(佐伯弘次)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかはしじょううん【高橋紹運】

?‐1586(天正14)
実名鎮種(しげたね)。官途は主膳正。入道して紹運。大友氏の年寄吉弘鑑理(よしひろあきまさ)の子。高橋鑑種が叛乱に失敗して筑前を追われた後,高橋氏を継いで筑前三笠郡の宝満・岩屋両城督となり,筑前南部の軍事・行政の責任者となる。1579年(天正7)末以来筑前各地での叛乱鎮圧のため,同北部の責任者戸次道雪(べつきどうせつ)とともに奔走,筑後へも遠征した。86年7月たてこもる岩屋城を島津勢に包囲され,激戦して敗死

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高橋紹運の関連キーワード立花直次立花山城立花宗茂筑紫広門立花氏

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android