岩政大樹(読み)いわまさ だいき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩政大樹 いわまさ-だいき

1982- 平成時代のプロサッカー選手。
昭和57年1月30日生まれ。ポジションはDF(センターバック)。進学校の岩国高から一般入試で東京学芸大に進む。平成16年鹿島アントラーズに入団。同年の名古屋グランパスエイト戦でJリーグデビュー。19-21年,3年連続でJリーグ・ベストイレブン。長身でフィジカルの強さをいかしたヘディングが特長。22年FIFAワールドカップ南アフリカ大会の日本代表にえらばれる。タイ・プレミアリーグのBECテロ・サーサナFCをへて,27年ファジアーノ岡山に移籍。山口県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩政大樹
いわまさだいき
(1982― )

プロサッカー選手。ディフェンダー(DF)。1月30日、山口県生まれ。東京学芸大―鹿島アントラーズ―BECテロ・サーサナ(タイ)。Jリーグ初出場は2004年(平成16)4月4日、名古屋グランパスエイト(名古屋グランパス)戦。国際Aマッチ初出場は2009年10月10日、スコットランド戦。2010年ワールドカップ南アフリカ大会の日本代表選手。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩政大樹の関連情報