岩田 久利(読み)イワタ ヒサトシ

20世紀日本人名事典の解説

岩田 久利
イワタ ヒサトシ

昭和・平成期のガラス工芸家 日展理事;光風会理事;岩田工芸硝子会長。



生年
大正14(1925)年12月18日

没年
平成6(1994)年1月8日

出身地
東京都新宿区弁天町

学歴〔年〕
東京美術学校(現・東京芸術大学)工芸部図案科〔昭和25年〕卒

主な受賞名〔年〕
日展特選〔昭和30年・31年〕,日展文部大臣賞〔昭和51年〕「孔雀文大皿」,紺綬褒章〔昭和54年〕,日本芸術院賞〔昭和56年〕「聖華」,毎日芸術賞(第23回)〔昭和56年〕

経歴
美校卒後、東京工業大学窯業硝子研究室でガラスの組成を研究。昭和24年から日展に連続入選。38年窯業協会理事。47年日本ガラス工芸協会を創立、初代会長として工芸界をまとめ、欧米との交流をはかる。また日展評議員、武蔵野美術大学講師なども務め後輩の育成に尽力。赤、黒、青などの色彩を簡潔かつ鮮やかに調和させる繊細な作風で、色ガラスによる宙吹きガラスは国際的な評価を受けた。作品に「孔雀文大皿」「聖華」「湧く」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

岩田 久利 (いわた ひさとし)

生年月日:1925年12月18日
昭和時代;平成時代のガラス工芸家。日展理事;光風会理事;岩田工芸硝子会長
1994年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android