後輩(読み)コウハイ

デジタル大辞泉の解説

《あとに生まれた人の
年齢・地位・経験や学問・技芸などで、自分より下の人。後進。⇔先輩
同じ学校・職場などで、あとから入ってきた人。⇔先輩

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「輩」は順序の意)
① あとから生まれた人。あとに生まれる人。また、学問、技芸、修業などで、あとに続く者。後進。
※平治(1220頃か)下「助け置かれたりとも、栄雄後輩に及ぶべくは、何の恐れか候ふべき」 〔蔡邕‐陳政要七事疏〕
② 同じ学校、地域、職場などで、下級生、またはあとからはいった人をいう。
※行人(1912‐13)〈夏目漱石〉帰ってから「それは彼の友達と云ふよりも寧ろずっと後輩(コウハイ)に当る男の」 〔孟浩然‐陪盧明府泛舟回作詩〕
③ 後方にいる人々。
※経国集(827)一一・奉和鞦韆篇〈滋野貞主〉「後輩趁来満路暉。或歩或車塵影合」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android