紺綬褒章(読み)こんじゅほうしょう

勲章・褒章がわかる事典の解説

こんじゅほうしょう【紺綬褒章】

日本の褒章の一つ。1918年(大正7)に、公益のために私財を寄付した者に授与するものとして制定された。現在は、公的機関や公益法人などに500万円以上寄付した個人、1000万円以上寄付した団体に贈られる。個人は褒章が授与されるが、団体は褒状になる。他の褒章のように春秋褒章として行われるのではなく、寄付の発生に合わせ、毎月1回発令される。1500万円以上の寄付者には木杯(もくはい)が併せて贈られる。褒章が複数回になる場合、褒章でなく銀色の飾版(しょくはん)が授与され、それが5個以上になると、5個ごとに金製の飾版1個と引き換えることになっているが、その対象は、この綬褒章受章者に多い。◇英訳名はMedal with Dark Blue Ribbon。

出典 講談社勲章・褒章がわかる事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

紺綬褒章【こんじゅほうしょう】

1918年,公益のために私財(1981年から500万円以上)を寄付し,功績のある者を表彰するために制定された褒章。→褒章

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こんじゅ‐ほうしょう ‥ホウシャウ【紺綬褒章】

〘名〙 私財を寄付するなど、公益に関して功績の著しい人に政府が栄典として与える、紺のリボンのついた記章。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android