コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩畳 イワダタミ

デジタル大辞泉の解説

いわ‐だたみ〔いは‐〕【岩畳】

岩が幾重にも重なっていること。また、その所。埼玉県北西部の長瀞のものは、国の名勝および天然記念物

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いわだたみ【岩畳】

岩が重なり合っているところ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

岩畳の関連キーワード埼玉県秩父郡長瀞町荒川ライン下り長瀞(埼玉県)長瀞ライン下り長瀞(町)村上清次郎並み・並ところ波食台宝登山頑丈

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩畳の関連情報