コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩笛・石笛 いわぶえ・いしぶえ

1件 の用語解説(岩笛・石笛の意味・用語解説を検索)

日本文化いろは事典の解説

岩笛・石笛

球形、鶏卵形の石製の気鳴楽器(笛)で縄文時代の遺跡から発掘された、日本最古の笛です。 高い周波数の澄んだ神秘的な音を奏でる岩笛は、現在では一部の音楽家によって吹き継がれています。

出典|シナジーマーティング(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩笛・石笛の関連キーワード管楽器気鳴楽器弦鳴楽器石斧体鳴楽器打楽器膜鳴楽器卵形ドムラ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone