コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気鳴楽器 きめいがっきaerophone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気鳴楽器
きめいがっき
aerophone

空気を発音体とする楽器総称。 E.ホルンボステルと C.ザックスが提起し,広く用いられている楽器の4分類法 (体鳴楽器,膜鳴楽器,弦鳴楽器,気鳴楽器) の第4類で,日本で管楽器と呼ばれているラッパおよびの類と,自由気鳴楽器に大別される。管楽器のうち,トランペット属はマウスピースに当てた唇の振動が気流を断続し,管内の空気柱が振動するもの,リード管楽器属は1枚または2枚のリードが振動して気流を断続するもの,フルート属は鋭いエッジが,それに当る気流に渦を起し,空気柱を振動させるものである。自由気鳴楽器にはブル・ロアラー,サイレンオルガンのリード・ストップなどが含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

気鳴楽器【きめいがっき】

楽器

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きめいがっき【気鳴楽器】

楽器の分類用語。空気の流れ(主に息)がリードや鋭いエッジに当たる衝撃により音を発する楽器。いわゆる管楽器のほかにオルガン・ハーモニカ・オカリナ・笙しようなどが含まれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気鳴楽器
きめいがっき
aerophone英語
Aerophonドイツ語
arophoneフランス語

ホルンボステル‐ザックスの楽器分類法(MHS方式)の主要な一部門で、弦や膜の振動を介さずに、空気そのものが直接振動させられる楽器。振動する空気が楽器による限定を受けず、周りの空気を振動させる「自由気鳴楽器」(アコーディオンなど)と、楽器の中の空気が振動する「吹奏楽器」(管楽器、オルガンのフルー管など)に下位分類される。[前川陽郁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の気鳴楽器の言及

【楽器】より

…このため楽器学や民族音楽学で楽器を分類する場合は,この3分法でなく,通常ホルンボステルとC.ザックスが《楽器分類学》(1914)で提唱したザックス=ホルンボステル法と呼ばれる分類法を用いる。それによると,あらゆる楽器は,まず体鳴楽器idiophones,膜鳴楽器membranophones,弦鳴楽器chordophones,気鳴楽器aerophonesの4種類に分類され,それぞれがさらに細かく分類される。しかし,この分類法にも弱点が指摘されており,ほかにさまざまな方法が考案されている。…

※「気鳴楽器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

気鳴楽器の関連キーワードコンサーティーナユーフォニウムアルペンホルンブル・ロアラーブルロアラースールナーイバンドネオンシャーナーイポルタメント岩笛・石笛ナフィールパンパイプスルナイぶかぶかパンの笛マリンバプーンギチューバアウロスオカリナ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android