岸 道三(読み)キシ ミチゾウ

20世紀日本人名事典の解説

岸 道三
キシ ミチゾウ

昭和期の財界人 日本道路公団初代総裁;元・同和鉱業副社長。



生年
明治32(1899)年12月1日

没年
昭和37(1962)年3月14日

出生地
大阪府大阪市西区本田

学歴〔年〕
東京帝大工学部鉱山学科〔昭和4年〕卒

主な受賞名〔年〕
国際道路連盟(IRF)マン・オブ・ザ・イヤー賞〔昭和35年〕,国際道路連盟(IRF)ハイウェーマン賞〔昭和36年〕

経歴
一高当時、全寮委員長として関東大震災後の移転問題などで活躍、6年がかりで卒業。東大ではボート部で名をあげ、卒業後も運動部の世話をした。学生課嘱託から昭和6年、名古屋合板支配人、明治製菓常務、満鉄調査会嘱託、興中公司広東事務所長を務め、12年近衛文麿内閣首相秘書官。終戦時は鈴木貫太郎内閣の総合計画局参与。戦後は24年、同和鉱業副社長となり、経済同友会代表幹事として近江絹糸争議の調停に当たった。31年に日本道路公団の初代総裁。36年、国際道路連盟からハイウェーマン賞が贈られた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

岸 道三 (きし みちぞう)

生年月日:1899年12月1日
昭和時代の実業家。日本道路公団総裁;同和鉱業副社長
1962年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android