コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

峨山 ガザン

大辞林 第三版の解説

がさん【峨山】

1275~1365) 鎌倉後期の曹洞宗の僧。総持寺第二世。名は韶碩じようせき。能登の人。比叡山で天台宗を学んだが、のち瑩山紹瑾けいざんじようきんの弟子となり、曹洞宗に転じた。多くの門弟を育て、曹洞宗の発展に寄与。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

峨山の関連キーワード金剛山(クムガンサン)観光事業峨山韶碩(がさんしょうせき)福田林右衛門橋本 独山実峰良秀道叟道愛伊藤道海月泉良印無外円照明峰素哲瑞巌韶麟月庵良円伊藤令恭隠山惟琰大徹宗令源翁心昭卓洲胡僊無底良韶通幻寂霊太源宗真

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

峨山の関連情報