コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳州 リュウシュウ

百科事典マイペディアの解説

柳州【りゅうしゅう】

中国,広西チワン族自治区中部の都市。柳江とも。湘桂(衡陽〜友諠関)・黔桂(けんけい)(貴陽〜柳州),焦柳(焦作〜柳州)3鉄路の交差点で,柳江水運の便も大きい交通要地。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうしゅう【柳州 Liǔ zhōu】

中国南部,広西チワン(壮)族自治区の中部東寄り,西江の支流である柳江沿岸,黔桂(柳州~貴陽)・湘桂(衡陽~友誼関)鉄道の分岐点にある自治区最大の工業都市。人口27万(1994)。柳江県と柳城県を管轄する。古来,少数民族の居住地であったが,漢代に潭中県が置かれ,隋代に馬平県と改められ,唐代以後は柳州,柳州路,柳州府の治所が置かれた。1949年柳江県の市街区を分離して市制を敷いた。古くより柳江水運の要衝で,自治区北部,貴州省南部の良質の木材,桐油,油茶の集散地として繁栄した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りゅうしゅう【柳州】

中国、広西チワン族自治区中央部にある都市。水陸交通の要地。木材の集散が盛ん。機械工業も発達。リウチョウ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柳州
りゅうしゅう / リウチョウ

中国、広西チワン族自治区中部の市。人口183万4818、市轄区人口90万6776(2000)。珠江(しゅこう/チューチヤン)水系支流の柳江北岸、湘桂(しょうけい)、黔桂(けんけい)、焦柳(しょうりゅう)の3鉄道の分岐点に位置する。自治区内の水陸交通の要地であるばかりでなく、区内第一の工業都市で、鉄鋼、冶金(やきん)をはじめ機械、化学、セメント、繊維、医薬、食品など多種の工業が発達している。また付近で生産される柳杉とよばれる杉材は、自治区木材生産の2分の1を占める。ほかに柑橘(かんきつ)類、桐油(とうゆ)、茶油(椿油(つばきあぶら))、皮革などの集散地でもある。漢代から開け、唐代には文人柳宗元が刺史として赴任し、死を迎えるまでの4年間に柳州の風光を多くの詩文に表した。市内には、柳侯祠(し)を中心とした柳侯公園があり市民の憩いの場となっている。[青木千枝子・河野通博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

柳州の関連キーワードコワンシー(広西)チワン(壮)族自治区シヤンクイ(湘桂)鉄道チヤオチー(焦枝)鉄道広西(チワン族自治区)チエンクイ(黔桂)鉄道ロンアン(融安)県リュウチョウ大陸打通作戦リウ(柳)江シー(西)江岡本一平機械工業劉坤一永明王柳宗元洛陽南陽吉首澧県河池

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柳州の関連情報