島津忠済(読み)しまづ ただなり

美術人名辞典の解説

島津忠済

公爵。島津久光の第七子。鹿児島生。初め久済、幼名は真之助。明治五年車駕鹿児島に臨幸、父久光が病のため忠済が代わって行在所に奉迎し、発艦の際もまた代わって奉送する。同二三年貴族院議員、翌年東宮御学問所の事を建言する。当時正三位たり、のち正二位に進み勲三等に叙せられる。大正4年(1915)歿、61才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android