コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津忠済 しまづ ただなり

美術人名辞典の解説

島津忠済

公爵。島津久光の第七子。鹿児島生。初め久済、幼名は真之助。明治五年車駕鹿児島に臨幸、父久光が病のため忠済が代わって行在所に奉迎し、発艦の際もまた代わって奉送する。同二三年貴族院議員、翌年東宮御学問所の事を建言する。当時正三位たり、のち正二位に進み勲三等に叙せられる。大正4年(1915)歿、61才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津忠済 しまづ-ただなり

1855-1915 明治-大正時代の華族。
安政2年3月9日生まれ。島津久光の6男。明治21年公爵をつぐ。のち貴族院議員。大正4年8月19日死去。61歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。初名は久済。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島津忠済の関連キーワード大正時代椎原国幹華族

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島津忠済の関連情報