コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崖錐角礫岩 がいすいかくれきがん talus breccia

1件 の用語解説(崖錐角礫岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

崖錐角礫岩

崖の基部に濃集した角礫岩で,塊は一般に角張って大きさは広い範囲で変化する.一般に層理は見られないが,破片の長軸方向はある角度に平行になって落ち着いている.細粒の崖錐物質は斜面を滑り落ちて,斜面の基部で地層となる.崖錐角礫岩は海岸の崖の基部にも濃集する[Diller : 1898, Norton : 1917, Twenhofel : 1932].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

崖錐角礫岩の関連キーワード火山角礫岩乾燥角礫岩構造角礫岩残留角礫岩礁角礫岩滑り角礫岩スランプ角礫岩堆積角礫岩摩擦角礫岩溶液角礫岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone