崖錐角礫岩(読み)がいすいかくれきがん(英語表記)talus breccia

岩石学辞典の解説

崖錐角礫岩

崖の基部に濃集した角礫岩で,塊は一般に角張って大きさは広い範囲で変化する.一般に層理は見られないが,破片の長軸方向はある角度に平行になって落ち着いている.細粒の崖錐物質は斜面を滑り落ちて,斜面の基部で地層となる.崖錐角礫岩は海岸の崖の基部にも濃集する[Diller : 1898, Norton : 1917, Twenhofel : 1932].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android