川島 理一郎(読み)カワシマ リイチロウ

  • 川島 理一郎 (かわしま りいちろう)

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の洋画家



生年
明治19(1886)年3月9日

没年
昭和46(1971)年10月6日

出生地
栃木県足利市

学歴〔年〕
正則英語学校,コーコラン美術学校(米国ワシントン)〔昭和40年〕,ナショナル・アカデミー・オブ・デザイン卒

主な受賞名〔年〕
勲三等瑞宝章〔昭和40年〕

経歴
明治38年渡米、美術学校、デザイン学校卒業後、44年渡仏し、アカデミー・ジュリアン、アカデミー・コラロッシに学ぶ。大正2年サロン・ドートンヌに日本人として初入選し、11年同会会員となる。12年帰国し、15年梅原龍三郎と国画創作協会洋画部(のち国画会)を創設し会員。昭和10年国画会退会。11年女子美術学校(のち女子美術専門学校)教授。23年日本芸術院会員に推挙され、30年新世紀美術協会の創立に参加。44年日展顧問。代表作に「伎場の図」「蘭花」などがあり、随筆集に「旅人」「緑の時代」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1886年3月9日
大正時代;昭和時代の洋画家
1971年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android