コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワシントン ワシントン Washington, Booker T(aliaferro)

15件 の用語解説(ワシントンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワシントン
ワシントン
Washington, Booker T(aliaferro)

[生]1856.4.5. バージニアフランクリン
[没]1915.11.14. アラバマタスキギー
アメリカ合衆国の黒人教育家。解放奴隷の子として子供時代から炭鉱や製塩所で働いていたが,1872年にハンプトンに行き,苦学をしながら 1875年に農業師範学校を卒業。その後 2年間の教育実習と 8ヵ月のウェイランド・セミナリーでの勉学を終えて,アメリカインディアンに対する教育計画に参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ワシントン
ワシントン
Washington, Bushrod

[生]1762.6.5. アメリカ,バージニア,ウェストモーランド
[没]1829.11.26. アメリカ,フィラデルフィア
アメリカの軍人,法律家。 G.ワシントンの甥。 1778年植民地軍に入り独立戦争終結まで各地を転戦。戦後バージニアのアレクサンドリア弁護士として活躍。 90年リッチモンドに移住。 98年 J.アダムズ大統領によって最高裁判所判事補に任命され,1829年までつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ワシントン
ワシントン
Washington, George

[生]1732.2.22. アメリカ,バージニア,ウェストモーランド
[没]1799.12.14. アメリカ,バージニア,マウントバーノン
アメリカ建国期の軍人,政治家。初代大統領 (在任 1789~97) 。バージニア北部の富裕なプランター (大農場主) の家に生れ,17歳でカルペッパー郡の公認測量士となった。 1753年に先住民族インディアンの鎮撫工作にあたり,54年にはバージニア民兵軍 150人を率いてオハイオ川流域地方に進軍しフランス軍と交戦して敗北。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ワシントン
ワシントン
Washington, Martha

[生]1731.6.2. アメリカ,ニューケンタッキー
[没]1802.5.22. アメリカ,バージニア,マウントバーノン
アメリカ初代大統領 G.ワシントンの夫人。旧姓 Dandridge。 1749年富裕なプランター (大農場主) D.カスティスと結婚。 57年夫の死によってその財産を継承。 59年1月6日,2人の子供を連れてワシントンと再婚しマウントバーノンに住んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ワシントン
ワシントン

ワシントン・コロンビア特別区」のページをご覧ください。

ワシントン
ワシントン
Washington

アメリカ合衆国ペンシルバニア州南西部,ピッツバーグ南西約 40kmの大都市圏に属する都市。 1910年町村合併によって成立,24年に市制をしいた。現在は炭田および農業地域の中心地で,鉄鋼,ガラスなどの工業も立地する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ワシントン
ワシントン
Washington, Denzel

[生]1954.12.28. ニューヨーク,マウントバーノン
アメリカ合衆国の俳優。観客をひきつける迫真の演技で批評家と映画ファンの双方から一貫して高い評価を受け,アフリカ系アメリカ人俳優は白人受けしないという先入観の払拭に寄与した。1977年にフォーダム大学を卒業したのち,サンフランシスコのアメリカン・コンサーバトリー・シアターに加入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ワシントン(George Washington)

[1732~1799]米国の初代大統領。在任1789~1797。大陸軍総司令官としてアメリカ独立革命を勝利に導き、独立後は憲法制定会議議長を経て大統領に就任、連邦政府の基礎の確立に努めた。→アダムズ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ワシントン

米国の政治家。初代大統領(1789年―1797年)。富裕な農園主で,フレンチ・インディアン戦争で功績をあげた。1775年アメリカ独立革命が始まると革命軍の司令官に選ばれ,戦争を勝利に導いて国民的英雄となった。
→関連項目ウードンスチュアートハミルトンマウント・バーノンラシュモア[山]

ワシントン

米国の首都。大西洋岸のメリーランド,バージニア両州の間にあり,ポトマック川に臨む。行政的にはどの州にも属さない連邦政府直轄地で,ワシントンD.C.(District of Columbia)と呼ばれる
→関連項目アメリカ合衆国ポトマック[川]メリーランド[州]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ワシントン【Washington】

アメリカ合衆国の首都。コロンビア特別地区District of Columbiaでもあり,二つの名称をあわせてワシントンD.C.と呼ばれる。名称はG.ワシントンとC.コロンブスをたたえたものである。どの州にも属さず,連邦議会の直轄地で,面積176km2,人口54万3000(1996)。合衆国大西洋岸地帯のほぼ南北の中央,ポトマック川東岸に位置し,ニューヨーク,ボストンを含むアメリカ・メガロポリスの南端を占める。

ワシントン【Booker Taliaferro Washington】

1856‐1915
アメリカの黒人の教育家,指導者。奴隷の子として生まれたが,解放後に苦学して大学を卒業し,教師になった。1881年アラバマ州のタスキーギーに黒人大学が設立されるや,請われて学長となり,職業訓練に徹した教育を行った。いきなり白人との平等を求めるよりは,黒人はまず手に職をつけ,徐々にその地位の向上をはかるべきだという穏健な考えは,彼の自伝《奴隷より身を起こして》(1901)に詳しい。【木内 信敬】

ワシントン【George Washington】

1732‐99
アメリカ合衆国の初代大統領。在職1789‐97年。17世紀中葉バージニアに移住したイギリス系の4代目。16歳のころより測量技師として活躍し,その間広大な土地を購入し,大農園主になった。兄の死とともにマウント・バーノンに移り,そこが彼の終生の住居となる。1754年民兵の中佐として植民地戦争に従軍,数々の武功のゆえにバージニア民兵軍の司令官となり,のちの独立戦争における総司令官としての基礎を築いた。59年には裕福な未亡人マーサ・カスティスMartha Custis(1732‐1802)と結婚し,莫大な財産を加え,アメリカ有数の資産家となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ワシントン【George Washington】

1732~1799) アメリカの政治家。アメリカ独立革命で植民地軍総司令官として独立を獲得、憲法制定会議議長を務め、1789年初代大統領に選出。97年の引退まで国内諸勢力の調整・中立外交に努め、アメリカの基礎を固めた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現代外国人名録2012の解説

ワシントン
Washington


国籍
ブラジル

専門
元・サッカー選手

本名
Washington Stecanela〉 ワシントン・ステカネラ〈Cerqueira セルケイラ

生年月日
1975/4/1

出生地
ブラジル ブラジリア

経歴
11歳の時、地元のサッカークラブ・ブラジリアに入団。1991年カシアスに移籍し、’97年リオ・グランンデ・ド・スル州選手権優勝。同年インテルナシオナル、’98年グレミオ、ポンチプレッタ、’99年カシアス、パラナを経て、2000年ポンチプレッタ入りし、2001年ブラジル全国選手権得点王、サンパウロ州選手権得点王、コパ・ド・ブラジル得点王。2002年トルコのフェネルバフチェを経て、2004年アトレチコ・パラナエンセ入りし、同年34得点の新記録でブラジル全国選手権得点王。2005年Jリーグ東京ヴェルディに入団。リーグ戦で33試合に出場し22得点を挙げるがチームはJ2に降格。2006年浦和レッズに移籍。同年浦和のリーグ初優勝に貢献、ガンバ大阪のマグノ・アウベスと共に26得点を挙げ、得点王、初のベストイレブンにも選ばれる。2007年3月対ヴァンフォーレ甲府戦で、Jリーグ最速62戦目で通算50ゴールを達成。11月浦和のアジア・チャンピオンズリーグ初優勝に貢献し、12月クラブW杯3位の成績を最後に退団。浦和史上最高の外国人助っ人といわれ、サポーターからも絶大な支持を受けた。2008年より母国のフルミネンセでプレー。2009年サンパウロ2010年は再びフルミネンセに戻り、ブラジル全国選手権優勝。ブラジル代表としては、2001年W杯南米予選代表、コンフェデレーションズ杯代表。国際Aマッチ10試合3得点。2011年現役を引退。

受賞
報知プロスポーツ大賞〔2006年〕

出典|日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)
(C) 2012 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のワシントンの言及

【首都】より


[機能と制度]
 首都の都市機能は国および時代によって異なるが,一般に近代国家形成以降の首都には政治・行政の中枢機能管理に加え,経済的中枢機能管理が集中している。しかしアメリカのワシントン,オーストラリアのキャンベラ,ブラジルのブラジリアなどのように,政治・行政中枢機能管理に特化した首都を計画的に建設した国もある。いずれにしても首都には,その政治的重要性から他の一般の都市以上に中央政府の統制を受ける特別の政治,行政制度がしかれていることが多い。…

【黒人問題】より

…(3)黒人勢力胎動時代 しかしそういうなかにも,黒人の指導者層が育ちはじめた。1867年に最初の黒人大学ハワード大学がワシントンD.C.に創立されて以来,各地に黒人のための大学が生まれ,それらの卒業生が中産階級を築き上げるとともに,19世紀末から第1次大戦へかけて,多くの指導者を育て上げた。タスキーギー大学の創立者で,白人との協調を説いたB.T.ワシントンや,彼の説にあきたらず,より理論的に人種の平等を叫んだデュ・ボイスは,その代表的な存在である。…

※「ワシントン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワシントンの関連キーワードアーサーアングロアメリカ大統領府タイラーアメリカン合衆国ネブラスカ華盛頓亜米利加アメリカ合衆国最高裁判所

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワシントンの関連情報