川田 泰代(読み)カワタ ヤスヨ

20世紀日本人名事典の解説

昭和期のジャーナリスト,平和運動家 アムネスティ・インターナショナル日本支部理事;元・「婦人画報」編集長。



生年
大正5(1916)年8月12日

没年
平成13(2001)年5月5日

出生地
大阪府大阪市

学歴〔年〕
東京女子大学〔昭和12年〕卒

経歴
昭和12〜14年、25〜37年「婦人画報」編集者、のち編集長を務めた。35年オーストリアで開かれた第2回世界ジャーナリスト会議に出席。48年ウィーンのアムネスティ世界大会で韓国・金大中救援を提案。50年バンコクの第2回アジア人会議に参加。アムネスティ日本支部、アジア政治犯情報センターの創立メンバーとして、“良心囚人”救援活動に尽力した。著書に「良心の囚人―陳玉璽小伝」、分担執筆に「軍隊慰安婦―戦争と人間の記録」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android