出席(読み)しゅっせき

精選版 日本国語大辞典 「出席」の意味・読み・例文・類語

しゅっ‐せき【出席】

〘名〙 その席に出ること。授業会合集会などに出ること。
慶長日件録‐慶長一二年(1607)九月一四日「龍吟珊東堂可出席否、可書状遣之由仰也」
安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「諸先生たちが不承知じゃからぜひに出席(シュッセキ)をねがふと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「出席」の意味・読み・例文・類語

しゅっ‐せき【出席】

[名](スル)会合や学校の授業などに出ること。「クラス会出席する」「出席簿」⇔欠席
[類語]列席臨席顔出し参列参会出場出頭臨場親臨出御列座同席陪席相席同座お出まし加入加盟仲間入り参加参入参画参与入会飛び入り飛び込み出る加わる名を連ねる列する連なる末席を汚す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android