コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

婦人画報

3件 の用語解説(婦人画報の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

婦人画報

株式会社ハースト婦人画報社が発行する女性ミドルエイジ誌。ファッション、美容、健康、旅などの情報を紹介。毎月1日発売。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじんがほう【婦人画報】

1905年7月,国木田独歩が編集責任者を務めていた近事画報社から創刊された月刊女性雑誌日露戦争前後,女性雑誌が次々と発刊されたが,視覚に訴える画報の形式を取り入れたユニークな女性雑誌として知られた。06年,独歩は独立して発行を続けたが,経営に失敗,07年8月,島田義三の東京社(のちの婦人画報社)に継承された。一時,誌名を《東洋婦人画報》《戦時女性》としたこともある。当初は,上品でやや堅苦しいという評もあったが,大正・昭和を通じて,画報形式の女性ジャーナリズムをつくりあげていった功績は大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

婦人画報
ふじんがほう

婦人画報社発行の女性月刊誌。L判の大きさ。1905年(明治38)7月近時画報社が創刊、初代編集長は国木田独歩(くにきだどっぽ)。画報の名が示すように視覚に訴える写真版が売り物であった。翌年独歩は独歩社を設立して経営を継承、さらにその死後、東京社に継承された。一時『東洋婦人画報』と改題され、また太平洋戦争末期の44年(昭和19)5月、青年誌『戦時女性』に統合されたが、敗戦後の翌年10月復刊した。ハイセンスな既婚女性層を読者対象とする編集とされる。なお、婦人画報社は1999年(平成11)アシェット フィリパッキ ジャパンと合併し、アシェット婦人画報社となった。[岡 満男・田村紀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

婦人画報の関連キーワード斎藤弔花運命論者『武蔵野』東京都武蔵野市境山口県柳井市姫田国木田収二国木田虎雄国木田治子国木田まん《抒情詩》(国木田独歩)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

婦人画報の関連情報