コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川野夏橙

デジタル大辞泉プラスの解説

川野夏橙

愛媛県、熊本県などで生産される柑橘類。実の大きさは400~500g程度、果皮は黄橙で、甘みと酸味のバランスがよい。1935年頃に大分県津久見市の川見豊氏が発見。1950年に品種登録。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

川野夏橙の関連キーワードナツミカン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android