コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川関楼琴川 せんかんろう きんせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川関楼琴川 せんかんろう-きんせん

?-? 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
豊前(ぶぜん)小倉藩(福岡県)につかえたが,のち職を辞し江戸下谷にすむ。七珍万宝(しっちん-まんぽう),滝沢馬琴門人となる。作品に享和3年(1803)刊の読み本「絵本鏡山烈女功」,文化5年(1808)刊の合巻(ごうかん)「敵討女夫(かたきうちみょうと)柳」など。本名は川関惟充(かわぜき-これみつ)。通称は庄(荘)助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川関楼琴川の関連キーワード戯作

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android