巣引(読み)すびき

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 飼っている鳥が巣を造り雛(ひな)を育てること。また、そうさせること。
※狂歌・徳和歌後万載集(1785)一四「一つかみ早稲のみいれを手の内へ仏のくどくするす引なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android