コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳和歌後万載集 とくわかごまんざいしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳和歌後万載集
とくわかごまんざいしゅう

江戸時代後期の狂歌集。四方赤良 (よものあから。大田南畝 ) 撰。 15巻。天明5 (1785) 年刊。『万載狂歌集』の続集で,書名は「徳若御万歳」のもじり。前集が『千載和歌集』の部立にならったのと同じ配列をとる。当代の作者ばかり二百数十名,歌数八百余首で,天明頃の狂歌作者をほぼ網羅している。前集とともに天明狂歌調をうかがうことができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とくわかごまんざいしゅう〔トクワカゴマンザイシフ〕【徳和歌後万載集】

江戸後期の狂歌集。15巻2冊。四方赤良(よものあから)(大田南畝)編。天明5年(1785)刊。「万載狂歌集」の続編。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とくわかごまんざいしゅう【徳和歌後万載集】

〔「徳若に御万歳」という祝い言葉のもじり〕
狂歌集。一五巻二冊。四方赤良よものあから(大田南畝の別号)編。1785年刊。「万載狂歌集」の姉妹編。前集より天明調の整った秀吟を収める。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳和歌後万載集
とくわかごまんざいしゅう

狂歌撰集(せんしゅう)。四方赤良(よものあから)(蜀山人(しょくさんじん))編、1785年(天明5)刊。2年前の『万載(まんざい)狂歌集』出版により激増した同好者の作を収めるため、古人や地方人を減らし、また赤良門下の四方連の増加により、唐衣橘洲(からころもきっしゅう)や元(もと)の木網(もくあみ)の系統は減少している。他方、戯作(げさく)者や女流を多く入れてはでな感じを出しているのは、一流の編集技術といえる。おのずから詠み口にも反映して、赤良の「千金の名高き月の雲間よりせめて一二分もれ出(いで)よかし」、頭(つむり)の光の「月みてもさらに悲しくなかりけり世界の人の秋と思へば」、朱楽菅江(あけらかんこう)の「立て見し柱暦もねころんでよめるばかりに年はくれにき」など軽快自由な作が主流で、天明(てんめい)狂歌の基調がここに固まった感がある。すなわち「天明ぶり」を代表する撰集といってよいだろう。[浜田義一郎]
『杉本長重・浜田義一郎校注『日本古典文学大系57 川柳・狂歌集』(1958・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

徳和歌後万載集の関連キーワード栃麺棒・栃麵棒・栃麪棒心無し・裏無し積もる・積る捨て鐘・捨鐘分け・別け籠耳・篭耳朱楽菅江星屋光次浜辺黒人銭屋金埒木室卯雲歯に合う垢染衣紋山手白人相応内所秋風女房疎抜く姉妹編数取り天明調

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android