コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巣鷹山 すだかやま

大辞林 第三版の解説

すだかやま【巣鷹山】

江戸時代、鷹狩り用の鷹を飼育するため、立ち入り禁止した森林。巣山。鷹巣山。御巣鷹おすたか山。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の巣鷹山の言及

【御林】より

…以上(1),(2)の御林に共通したのは,御林内への領民の無断立入りを許さなかったこと,いったん御林に指定された限りは,立木の伐採その他によって原形の失われた後においても解除されなかったこと,および18世紀からは人工造林に努めるようになったことである。 幕政初期の御林の中には,城塞林や海岸防備林のような軍事目的の優先するものがあり,狩猟用の鷹を保育する目的の鷹の巣山(巣鷹山,巣山)がとくに私藩に多く,鷹狩りの盛時には御林以上に入山者の取締りが厳しかった。また御林なみの保護を受けたものに防風・防砂林や水源林・魚付林,日光道中の杉並木や東海道の松並木,名神大寺の境内林などがあり,別格の御林とも見られるものに,桓武天皇平安遷都以来の皇室御料丹波国山国庄があった。…

※「巣鷹山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

巣鷹山の関連キーワード日航ジャンボ機墜落事故ダークツーリズムダイアナ 湯川江戸時代高木養根三ツ峠山坂本九岩菅山山地進森林巣山

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android