コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨勢浄成 こせの きよなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨勢浄成 こせの-きよなり

?-? 奈良時代の官吏。
下総守(しもうさのかみ),宮内大輔(くないのたいふ)などを歴任天平神護(てんぴょうじんご)2年(766)美作(みまさかの)守のとき,美作(岡山県)勝田郡塩田村の農民を行政上の都合で隣接の備前(岡山県)藤野郡にうつした。のち大蔵大輔。従五位上。名は清成ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

巨勢浄成の関連キーワード奈良時代官吏

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android