コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨勢浄成 こせの きよなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨勢浄成 こせの-きよなり

?-? 奈良時代の官吏。
下総守(しもうさのかみ),宮内大輔(くないのたいふ)などを歴任天平神護(てんぴょうじんご)2年(766)美作(みまさかの)守のとき,美作(岡山県)勝田郡塩田村の農民を行政上の都合で隣接の備前(岡山県)藤野郡にうつした。のち大蔵大輔。従五位上。名は清成ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

巨勢浄成の関連キーワード奈良時代官吏

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android