コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨頭症と巨脳症のちがい きょとうしょうときょのうしょうのちがい

1件 の用語解説(巨頭症と巨脳症のちがいの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

きょとうしょうときょのうしょうのちがい【巨頭症と巨脳症のちがい】

 巨頭症は、さまざまな疾患が原因となり、頭が異常に大きくなる(頭囲(とうい)が標準頭囲発育曲線の上限を上回る)病態を意味します。
 一方、巨脳症は、原因を問わず、脳の容積が異常に増大する病態を意味します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

巨頭症と巨脳症のちがいの関連キーワード肺性心突然死品品身体表現性障害特定心筋症二次性頭痛百端ポリクリまざまざし・い腎性くる病

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone