巨魁・渠魁(読み)きょかい

大辞林 第三版の解説

きょかい【巨魁・渠魁】

(盗賊などの悪い仲間の)首領。 「盗賊団の-」 「異端の-たる余は公然高壇の上に立ち/基督信徒の慰 鑑三

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょ‐かい ‥クヮイ【巨魁・渠魁】

〘名〙 かしら。おやぶん。主として、盗賊、悪漢などの悪者仲間の首領をいう。おおだてもの。頭領。
※読史余論(1712)二「義貞の功尤大也是其巨魁を亡せしが故也」 〔書経‐胤征〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android